FC2ブログ

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<余談>

2009年05月21日 23:00

小説書いてなくてごめんなさい。
時間が無いんです、本当。

シリアスな銀魂を語ります。
誰か分かってくれる方いますかね?
++++++


本館のお友達が
「銀さんは本気で松陽先生を・・・」
って記事に書いてて。
その続きは書いてなかったんだけど。

本気で松陽先生を、何!?
いや、大体の予想は出来るけどさ!
銀さんは松陽先生が本気で好きだった、って事では?
そりゃあ、子銀の持ってた刀だってとかゲフンゲフン。
てゆか、銀さんじゃなくてもヅラだって高杉だって松陽先生は大好きだよー。
でも、そのお友達の記事には「本気」と書いてあったので・・・。
「あ、そんなに好きなのか」って思った。

今のシリアスな話と、過去の話がどうリンクするのかは何となく知ってるw
銀さん、今本当に色んな意味で頑張って戦ってる。
松陽先生の教えをとかゴホンゴホン。

ニコニコのコメントにさ「戦争さえなければ松陽先生は死ななかった」ってコメがあった。
戦争っつーか天人が来なければ平和だったよ。
天人が来て、戦争やって、松陽先生が死んで、高杉が壊れて、3人の中に亀裂が入って。
もしさ、天人が来なかったとするじゃないか。
そしたら、戦争だっておきやしない。松陽先生も死ななかったかもしれない。
皆が仲良く出来てたかもしれない。
でもさー、神楽や新八は?エリザベスは?坂本はどうなっちゃうの?
会えなかった訳じゃん。銀さんだって万事屋やってないかもよ?
辛い過去があったからこそ、今の幸せがあるんじゃあないでしょうか。

よう分からなくてごめんなさいでした。
小説次書きます。
次っていつだか分からんけど←
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://g1010k1103.blog71.fc2.com/tb.php/128-699dfc16
    この記事へのトラックバック