FC2ブログ

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【10月10日】

2009年10月10日 23:53

金木犀は本当に秋を感じさせてくれると思うのです。
++++++


10月10日。
銀時はある香りに鼻をくすぐられて目を覚ました。
「・・・金木犀」
ポツリ、と銀時は布団の中で呟く。
居間の方では、新八が神楽を起こす声とそれに反応する神楽の声。
もうすぐ、新八が銀時を起こしに来るだろう。
銀時の体は勝手に動いていた。
「銀さーん、起きて下s・・・ってもう起きてる!?」
ガッと新八が勢いよく襖を開けると、すぐ目の前に銀時が立っていた。
思わず後ろに仰け反る新八。
「ちょっくら、出かけてくるわ」
「え、こんな早くですか?」
新八は言いながら部屋の時計を見る。時間は朝の9時。
おう、と銀時は短く返事をして家を出ていくのであった。
「・・・銀ちゃん、どっか行っちゃったアルカ?」
「うん、まァ僕達には都合良いけどね」
新八の言葉に反応した神楽はイヒヒと意地悪く笑ってみせた。


●○●○●○●○●


初めて会った時、その人は金木犀の香りがした。

その人から刀を受け取って、背中を見た時。幼かった銀時ではあったが何かを感じ取った。
この人は、俺に大事な事を教えてくれる、と。
名前の誕生日も無い銀時に、その人はそれ等すべてをくれた。
刀の使い方を教えてくれた。"護る”という事を教えてくれた。
大切な人だった。護りたいと決めた人だった。
金木犀の香りの、松陽先生。

銀時は俯き加減に足を進めていた。
先生の眠る所へ。


●○●○●○●○●


そこは秋の風が吹く心地良い場所。
銀時はそこにゴロン、と寝転がり目をつぶった。
草がゆっくりと揺れて、銀時の頬を掠めていく。
そこだけ時間の流れが遅いような、そんな気がした。
「こんな所で暇を持て余してて良いのか?リーダー達に説教くらうぞ」
「!」
ハッと目をあけた時、銀時の顔を覗き込むようにしゃがんでいたのは桂だった。
「な、何で居んだよヅラ」
「ヅラじゃない、桂だ!お前を祝いに来てやったのだ、ありがたく思え」
「・・・そりゃどーも」
眉を顰めて銀時。

「やっぱさ、ここに来ると色んな事思い出すのな」
頭の下で腕を組んでいる銀時はそう口にした。
「銀時の場合・・・お前のその名前と、今日という日を決めてくれた人でもあるな」
「そ・・・大切な日」
しばらくの沈黙の後、銀時は頭の上に妙な違和感も感じた。
ん?と首を傾げ、恐る恐る目をあけてみればだ。
「おっま・・・頭撫でるな・・・つーか、下手くそ・・・先生の方が上手い」
「ほっとけ」
桂が最後にパシンと銀時の頭を叩くと立ち上がり、1つ溜息をついた。

「誕生日おめでとう、銀時。プレゼントは気持ちという事で・・・」
「ふざけんな」


●○●○●○●○●


あれから、帰らずにここに居ると、神楽に半殺しにされかねないと青ざめた銀時は、まっすぐ万事屋に帰る事にした。

万事屋の前で最初に気付いたのは、金木犀の香りがした、という事。

「おーい、銀さんが帰ってきたぞー」
玄関からそう呼びかけると、新八の驚くような素っ頓狂な声が聞こえてきた。
「銀さん、まだ1時・・・早いですよ!」
銀時はまたもや首を傾げつつ部屋へと入っていく。
その分だけ、金木犀の香りが強くなる一方。

「銀ちゃん!」
居間へ入った瞬間、神楽に名前を呼ばれ銀時はそちらへと目を向ける。
その時だ。
ブワッと目の前に何かオレンジ色の物が現れたのは。
すごくいい香りがする。秋の香り。先生の香り。
「ッ・・・これ、金木犀か?」
手で目を覆い隠しながらそれを確認する銀時。
足元にそれが全て落ちた時、銀時の予想通りそれが金木犀だという事が分かった。
2人が笑いながら口をひらく。
「誕生日おめでとう!銀さん!!」
呆然とした。一瞬何が起きているのか分からなかった。
そんな中新八が話し出す。
「本当は、夜からやりたかったんですけど・・・」
「まァ、良いネ!午後は銀ちゃんのプレゼントを一緒に買いに行くアル!」
銀時の腕に絡まりながら、何か欲しいものはあるアルカ?と神楽。
「俺の欲しいもの?」

『銀時、今日はお前が欲しいものを何でもあげましょう』
銀時の髪に金木犀の花をつけて微笑みながら、先生。
先生は、値の張るものは厳しいですが、とその後で苦笑した。
「・・・俺の、欲しいもの?」


「俺の欲しいものは・・・」
どこか遠い目をする銀時は、2人を抱え込むようにして抱きしめた。
腕の中で混乱する2人に、銀時は囁くように言った。
「もう、ここにある」
スポンサーサイト


コメント

  1. みそ太郎 | URL | o6.nH2Qo

    No title

    素敵な小説ご馳走様でした!

    CURURUでおせわになっていました
    みそ太郎ですが覚えていらっしゃるでしょうか(’・ω・`)

    ミニメや記事にも書きましたが、太郎としてアメブロに移転しましたので
    よろしかったらのぞいてやってくださいw

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://g1010k1103.blog71.fc2.com/tb.php/177-f03f6e48
この記事へのトラックバック